AmazonやAliexpressで無駄遣いしたら晒しますw

reいわ

Amazon

自作リューターで貧弱なダイソーのリューターからステップUP!

投稿日:

自作リューター

先日買ったダイソーのリューターですが、

貧弱すぎてプラ板の切断が出来ませんでした…。

 

中のモーターをタミヤ模型のミニ四駆用に変えようと

思っていたところ、

男前なモーターを紹介して頂いたので

自作リューターにチャレンジしてみましたw

自作リューター

用意したモノ

 

DC 5-12Vモーター

今回の目玉はこの「DC 5-12Vモーター」です。

当初モーターのみ交換を検討していましたが

これならチャックも付属してくるので、

汎用的なドリル歯が使えるようになります。

 

電源もDC5~12V対応しているようなので

ポチっとやってしまいましたw

 

DC12V電源(USB変換)

 

今回用意したモーターはDC5Vでも使えるようですが

どうせならDC12Vの方がハイパワーを狙えると思い

DC12V電源(USB変換)を使います。

 

一般的なUSB電源から給電できますが

DC12V 1Aくらいまでに抑えた方がいいようです。

 

DC12V*1A=12w

となるので、

12W/5V=2.4A から

5V 2.4A以上(効率を考えると3Aクラス)の電源が必要となります。

 

このあたりはラズパイ用電源(3.0A)

いくつか持っているため全く問題ありませんw

自作リューター

また市販(?)のACアダプターでも問題ないので

大昔に買った外付け250GB HDD用電源が5V3Aを持っていたので

そちらを使ってもいいようです。

 

電源コネクタ(外径5.5mm内径2.1mm)

電源の配線はALL半田付けでも良かったんですが

偶然にも同じ形状のメスコネクタを持っていたので使いました。

ネジで配線できるのが非常に便利です。

 

自作リューターの作り方

自作リューター

本当にたいした事はやっていません…。

自作リューター 回路図

回路図としてはこんな感じでしょうかw

小学生が乾電池を使って豆電球を光らせる回路と同じですw

自作リューター

あとはDC12V電源を繋ぐだけです。

 

で終わりにすると、ブサイクで危険なので

自作リューター

スイッチと電源コネクタをペットボトルのキャップに固定します。

古い半田ごてを使って溶かしたところに

スイッチと電源コネクタを差し込むだけですw

スイッチと電源コネクタをペットボトルのキャップに固定します。

あとは市販のリューターのように筒状にした方が

良さそうだったので、適当に買ったダイソーのプラ板を

巻いて完成です。

自作リューター

仮止めなのでセロテープで固定ですw

自作リューター

モーターの外形とペットボトルの蓋のサイズが

微妙に違うため、外に巻いたプラ板が不格好になっています…。

 

ちなみにこのプラ板はダイソーで売っている

B5サイズの0.3mm厚のプラバンです。

 

筒状に巻くには0.3mmでも硬いです…。

0.2mmの方が良かったかもしれません。

 

本当はこの上にダイソーのカーボンシートでも

貼ろうと思っています。(汚いとこを隠すために)

 

後日0.2mm厚のプラバンを試してから

カーボンシートも挑戦してみますw

 

ダイソーのリューターと比較してパワーは?

各段にUPしましたw

普通のプラケースなら問題なく切断できます!

 

電源もUSB変換したDC12V電源で私の使い方であれば十分です。

これならモバイルバッテリーから給電することも出来るので

屋外に持ち運んでも利用可能です!

 

デメリットは?

Amazonで2000円くらいで買った方が

値段的に安いと思いますwww

 

ただどれだけのパワーがあるのか不明なので

一概にパワーを比較することは出来ませんけど…。

 

まぁ最大のデメリットは

私には美しく作ることが出来ないことですねwww

ガチな方であれば3Dプリンターとかでしょうけど

そこまでするなら国内ブランド品が変えるしなぁw

 

でも自分で作ったモノが動くのってやっぱ楽しいですねw

小学生が習うレベルの電気回路です。

半田付けだって初心者レベルの大きい部品です。

 

実際に自分が作ったモノが動くのって

プライスレスな楽しみがありますねw

 

よ~し、これで色んなモノに穴をあけたり

切断して、ゴミをいっぱい増やすぞ~!!

 

-Amazon
-, , , ,

Copyright© reいわ , 2020 All Rights Reserved.